お金が無くてもできる!安い銀塩プリント年賀状をリサーチ!

私の家も子供が今3人もいます。

毎年国内外問わず色んな所に旅行に行きまし、そこで必ず確認を取ります。

そしてそういう家族写真はその年の年賀状に使うことにしているんです。

でも今までは業務用レーザープリントの格安の印刷方式を選んでいました。

さすがにそれではいけないと思って今年から厚みがあってポストカードのような高級仕上げで有名な銀塩プリントの年賀状を作ることにしたんです。

実際今まで周りの友達から来る年賀状も高級そうな銀塩プリントばかりです。

今年は12月中に旦那さんの一日でボーナスも入ります空から、それを当てにして出来るだけ安いコスパの良い人間プリント年賀状を作ることを目標にしています。

そのためには前にどこがいいのかをしっかりリサーチしておかなければいけませんよね。

はっきり言えばどこの業者でも銀塩プリント印刷はやっています。お金さえ払えばできるわけですよ。

でも そんなことをやっていてはいくらお金があっても足りません。

そのように思ってる方もいっぱいいるでしょうから、私が代わりに銀塩プリントで安い年賀状の印刷会社を徹底的にリサーチしておきました。

そしてこのサイト上でそれを交換していきたいと思います。

※参考にしたサイト:年賀状で銀塩プリントが安いところ!写真年賀状のおすすめ紹介

銀塩プリント年賀状は見た目からして違う!

このサイトを見ているあなたであれば空いてると思いますが、銀塩プリントの年賀状は普通の年賀状で比べて見た目が全然違いますよね。

触った感じは違いますなんといっても写真の色の発着のレベルが違います。業務用レーザープリンターではとてもじゃないですが大変することをできないような色の出し方を教えてくれます。

また表面がつるつるしていて光沢もありますから見た感じの高級感がまるで違います。

つまり銀塩プリント年賀状はもらった方の印象も違いますしそれを作ったあなたの思いでも全く違うというわけです。

ウエブポで作る安い銀塩プリント年賀状の秘密

毎年ウエブポで年賀状をお願いしています。

1年目と2年目に他のサイトも色々検索してみたけれどやっぱりここが良いんですよね。

銀塩プリントは安いですし、そうじゃない印刷方法ならもっと安いです。

なぜかっていうと…。

まずはやっぱりダントツの年賀状デザインの多さ。

本当にいろんなジャンルのデザインが揃っているので選ぶのが楽しくなります。

世代や家族構成に関係なく誰でも「いいな♪」と思うデザインに必ず出会えます。

次にサイトの使いやすさとそのサービスの良さ。

宛名は一度入力してしまえば、翌年以降も管理してくれるのですごく便利です。

一枚一枚あいさつ文を変更するのも簡単だし、写真を選んだり変更するのも楽。

最短で翌日発送してくれるので、お正月に予定外の方から年賀状をいただいてもすぐに対応できます。

最後にウエブポの良さをあげるなら、その料金体系の分かりやすさ。

届け先の住所録管理や宛名印刷、投函サービスなどがあるんですが全部無料。

印刷料金だけで良いんです。

その印刷料金も業界の中では割安なので、大量注文も安心です。

難点を一つ挙げるとするなら…その画質でしょうか。

写真の美しさを重視するならやっぱりフジフイルムなどのサイトの方が綺麗です。

でも写真を入れない年賀状だったり、写真にそこまで高いクオリティを求めないなら、とってもオススメの年賀状作成サイトです♪

会社の年賀状作成も安い銀塩プリントで!

会社で毎年、銀塩プリント年賀状の作成をしますが、枚数にして800枚はあります。

以前までは販売されている絵入りのハガキがデザインも選べましたが、去年から極端にデザインが少なくなり、企業宛てのものとしては少し憚るデザインの為、無地のものを買い、筆まめというソフトでデザインを自作します。

しかしながら、800枚以上ともなると、印刷にもとても時間がかかり、住所録、印刷面も両面となる為、手間もかかります。

特にデザイン面を銀塩プリントでやるとなると大変です。

安く仕上げるように業者選定も大事ですよね。

毎年思う事は、郵便局等でデザイン印刷まで頼んでしまえば、見た目も良いものができ、年末の多忙時期に、年賀状印刷で時間を取られず、他の仕事に手が回るのにと思います。

今でこそ、こうした便利なものが流通して、家庭でも手軽に作れたりとしますが、昔は手書きが主流だったのを思い出すと、年賀状1枚にしても、手書きの温かみのあるものがいいのか、綺麗なハイテクデザインなもので済ませるかは難しいところかもしれません。

手書きの年賀状は、人柄や温もり、気持ちが込められているように思えます。

両面印刷しただけのものは、大量印刷しただけというイメージになってしまいます。

それもあって、会社の年賀状は一応は筆まめソフトで住所やデザインを印刷してしまいますが、手書きで一言、添えるようにしています。